読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

”  ”の旅をする

旅行先での風景、写真撮影についてのブログです。

デジタル一眼の使い方 「カメラの設定 記録画質etc」

 

 

 今までは露出について、撮影する上で必要最低限の部分をお話し致しました。

 今度はカメラに備わっている機能、確認しておくべき設定について簡単にお話しできればと思います。

 

※使用している機種、メーカーにより内容が異なる場合があります。

 

 

 記録画質の設定

f:id:nosuketan:20161016152252j:plain

 まずカメラについている"メニュー"ボタンを押して"記録画質"の項目を選択してみて下さい。アルファベットと数字が沢山出てくると思います。ココで撮影した写真の画質、形態を設定する事ができます。

主に、L M S RAW  この4種類選択する項目があり、この中から自分の撮影にあった物を設定してゆきます。

 

 

 デジタルカメラの記録画質は大きく分けて二つあります。

 JPEGRAWの二種類です。そもそもJPEGとRAWって何でしょう。

 

JPEGとは

 これは普段生活していれば良く目にすると思います。000.jpgとかで表示される事が多く、写真に限らずネット上にある画像データはほぼこの拡張子が使われていると言っても過言ではないです。

 JPEGは画像データに主に用いられる拡張子で、圧縮ファイルの為容量も軽く、PCでもスマホでもJPEGであればほとんどの媒体で表示、閲覧する事が可能な便利で一般的に浸透している便利な物です。 

JPEG - Wikipedia

 

RAWとは

 カメラで撮影した写真の生データ。JPEGの様に圧縮されておらず容量がかなり大きいファイル形式です。

 カメラを使う人以外はあまり目にする事はなく、使用しているPCやタブレットによっては専用のアプリなどを入れていないと閲覧すら出来ない事もあります。

RAW画像 - Wikipedia

 

 

 大体こんな感じでしょうか。

 では、撮影をする上でどちらのファイル形式で撮影すればいいのでしょうか。

 

 "RAW"で撮影して下さい。

 なぜRAWが良くてJPEGがダメなのか。

 

 一般的には「RAWデータの方が画質が良い」と言われていますが、同解像度で比べてみるとRAWもJPEGも画質自体に大きな差は無いと思います。超大判印刷を考えている人や写真を切り抜いて使う様なピクセル単位で気にする人以外は気づきもしないはずです。そんなに画質が気になるなら中判カメラとか5DSの購入をお勧めします。

 画質でなければなぜ? それは撮影した後の処理が楽になるからです。言い換えれば、多少露出や設定が狂っていても後で取り返しがつきやすい。からです。

 先ほど簡単に説明した様にRAWデータは撮影した当時の生のデータなので撮影後でも修正、加工がJPEGと比べると格段に綺麗で自然に仕上げる事ができます。これをRAW現像と言います。

 

 私の普段投稿している写真もRAWで撮影して現像、編集してからJPEGに変換して使用しています。

 

"" 先ほどRAWデータは専用ソフトがないと見る事すら出来ない場合がある、と言いました。そんなソフト無いよ、という人も安心して下さい。どのカメラメーカーでも専用の現像ソフトがあります。カメラを購入した時に一緒についてきたり、メーカーのホームページからダウンロード出来るのでそれを使用して下さい。大体のソフトは見るだけでなく、明るさや色調を調整する機能が備え付けてあるはずなのでお時間があればRAWとJPEGで色々試してみて下さい。結構面白いですよ。

 (キャノンのDPP(Digital Photo Professional)、Adobe Photoshop,Bridge、など) ""

 

 RAWデータのデメリット

 RAWデータは撮影、編集の段階では便利です。ただデメリットもあります。

  1. PCによっては画像として表示出来ない可能性がある。
  2. 専用ソフトがないとRAW現像が出来ない(メーカーによりRAWデータにも種類がありその都度そのソフトが必要だったりする。)
  3. 容量が大きい=取れる枚数が少ない
  4. JPEGに変換しないとメールで送れない(ブログなどにも添付できません)
  5. 上4つ含めて少々手間がかかる

 

 使っていて不便だと感じる所はこのくらいだと思います。これらはどうしようもないので私は諦めてます。

 ただ、RAW現像は作品作りの醍醐味の一つです。ここでどうやって写真を綺麗にするか、自分の色を出して行くかで出来上がりが大きく変わってくるので色々頑張ってみるのも楽しいと思います。

 

この他にも"TIFF"とか"psd"とか良く使うのですがこれはカメラ本体に関係ない拡張子なので省きます。

 

 長いこと文章を打っていて頭が混乱してきました。不十分な所があるかと思います。気になった所など教えて頂ければ幸いです。

 

 

 

 

 電子音の設定

 ピントが合った時に鳴る"ピピッ"って音です。これは本当に好みですが、切っているとピントが合ったんだか合ってないんだかわからなくなる時がありますね。

 私は切ってます。

 

 

 カードなしレリーズ

 メモリーカードが入ってない時もシャッターを切るか切らないか、の設定です。

 入ってなければ"カードが入ってません。"という表示が出るのですが、万が一気づかずに撮り続けていたら大惨事なので"OFF"にしておくのが無難です。

 

 

TripAdvisor (トリップアドバイザー)

 

 撮影画像の確認時間

 一度シャッターを切った後モニターに撮った写真が映りますよね。その画像の表示時間をここで変更できます。

 私はここはいじってないので初期設定のままです。バシバシ撮っている時に毎回確認はしないので2秒で十分かと思います。

 

 

 

 今日はここらで一旦お開きとさせて頂きます。

 次回次のページの説明をさせて頂ければと思います。