読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

”  ”の旅をする

旅行先での風景、写真撮影についてのブログです。

美瑛滞在記"終わりへ"

 

約2ヶ月半。

 

この旅に費やした期間です。後半は美瑛町に滞在していて"旅"とは少し違う物だった気がしますが。

 

そろそろ一旦終わりにして千葉へ帰ろうかと考えております。

金銭的な問題も含めて、です。

 

f:id:nosuketan:20160924192429j:plain

赤い屋根の家

 

旅に出たのが2016年7月16日で、夏のど真ん中。基本的にバイクに乗る時は長袖を着用していたのでとても暑かった事を覚えています。

バイクに乗るまでで大量の汗をかき、乗るまでが本当に億劫でした。

 

最近の北海道は朝方大変冷え込み、昼になっても風が冷たくバイクで走ると寒いです。

 

約2ヶ月半。よくこれだけ長い期間を東北、北海道で潰せたなと今となっては驚いています。少し駆け足で日本一周できるくらいの長さです。

 

この長い日本半周の旅にも一旦終止符を打つ時が来たのかもしれません。

 

まだ詳しい時期は決めていませんが1週間前後でこの町を離れ、函館へ向かうつもりです。

 

 

f:id:nosuketan:20160924193452j:plain

黄色い丘

 

 

 

今回東日本を主にして旅を始めて、良い事も悪い事も含め色々と学んだ事があります。

それについて少し。長文は苦手なので簡潔にまとめます。

 

 

 

1. 人は大体なんとかなる。

 かなり大雑把な表現ですが正にその通りの意味です。私は会社を辞めてそのまま旅に出ました。そして資金が底をつきました。フェリーに乗る金もなくなりやばい!とは思いませんでした。金が無くなったのであれば働けばいいのです。北海道は四季を通じて色々な仕事があります。寮付きの仕事なんて珍しい物ではありません。

 この"働く"という行為は時間に制約のある方はあまりお勧めできません。勿論単発で1日だけ働く、という事も不可能ではありませんが制約があるならばその時間内で精一杯旅なり遊びなりを楽しんだ方が私は得だと思います。

 

 

2.人と人の繋がり。

 私は捻くれているのでSNSとかで使われている様な"繋がり"だとか"絆"という言葉があまり好きではありません。ただ旅をしていると否が応でもその"繋がり"の存在を意識する様になります。

 友達の友達は友達。正にこんな状態です。少し長く旅をしていると自然とコミュニティは広がって行きます。

 SNSが一つのツールとして多方面に影響を及ぼしている現代では決して珍しい出来事ではないのかと思います。ただその存在を直接実感するという事は普通に生活しているだけでは中々体験できないのではないでしょうか。

 

 

3.持ちつ持たれつ

 これは旅の醍醐味の一つではないでしょうか。

 旅に出て多くの人に助けて頂きました。人を助けた事もありますが圧倒的に助けられた回数の方が上回っています。

 二つほど教訓があります。

"困っていたら困っていると言え"

旅に出ている最中は常に万全とは言えない状況だと思います。地元で何かトラブルがあれば大抵の事は解決できます。ただ旅の最中は持ち物も限られ、土地勘もなく、知り合いも側に居ません。基本的には一人です。

 図々しいですが手遅れになるよりかはよっぽどマシです。そして旅をしていて改めて気づかされましたが他人は自分が考えているよりとても優しく、暖かいです。

 勿論全ての事柄を一人で自己完結出来ればそれに越した事はないのですが。

 

"困っている人がいたら助ける"

 当たり前の事なのですが旅に出て再認識しました。

 "困っている人がいたら"と書きましたが"困っていそうだったら"とりあえず声をかける様になりました。私は数え切れないほど助けて貰いましたがその助けてくれた殆どの人に恩を返せていません。「困った時はお互い様。」「このくらい何でもないよ。」ほとんどの人がそう言ってくれます。

 現代社会は冷たい、と言われがちですがそれは間違っていると思います。ただ多くの人は困っている人が目の前に居てもどうしていいのかわからないだけだと思います。手を差し伸べるべきだと理解していても、自分にそんな経験がなかったり忘れていたり。

 もし目の前に困っている人が居たら必ず助けてあげて、とまでは言いませんが少し考えてみて下さい。

 

 

4.金は大事

 突然現金な話になりましたが日本社会でお金は何にも変えられない財産です。お金が無ければ船にも乗れないし宿にも泊まれないし食事もできません。

 日記には書いて居ないですが私も今回の旅でいくらか金を盗まれています。そして私の知り合いも何人か同じ様な被害にあっています。厳密には"盗まれた"訳ではなく、貸したお金の返済が滞っている、という事なのですが他の人の話を聞いている限りほぼ戻って来る事はないでしょう。私は被害届を出しています。そこそこいい金額なので。

 この話で私が言いたい事は"旅人に金は貸すな"です。世間では金を貸すならあげるつもりで貸せ、とか言われてますが正にその通りです。困っている人がいたら助けてあげて、と上で書きましたが金は別問題です。

 私の金を盗んだ奴は住所名前会社を抑えてあるのでなんとかなると思います。ただ本当に住所不定無職の旅人は沢山います。ということは収入も安定していません。まず返ってきません。警察に相談した所で捜査してくれるかもわかりません。(これは警察も動こうにも動けない場合があるからです。)

 親切も出来ることと出来ないことの線引きをしっかりとしておきましょう。

 

5.

 

続きはまた今度。。。