”  ”の旅をする

旅行先での風景、写真撮影についてのブログです。

近況報告

 

長期ロケなどが重なり瀕死です。

暫くの間、何も出来そうにありません。

また会う日まで。アディオス。

パラオ共和国 ペリリュー島への旅 "戦跡を巡る"

 

 

 パラオから帰国して1週間経ちました。今回の旅程は飛行機の時間、トランジットも含め11日間。この11日間は短い様で長く、そこそこハードな旅でございました。

 

 ペリリュー島、一度は名前を聞いた事があるかと思います。

 先の二次大戦で旧日本帝国軍の要所であり、日本軍玉砕の地として有名です。ただ、"パラオ"と聞くと今では海の綺麗なリゾート地として見聞きする事がほとんどだと思います。実際パラオの海は透き通る様なマリンブルーで大変綺麗でした。

 

f:id:nosuketan:20170529174545j:plain

ペリリューの海

 

 ペリリュー島唯一の市街地からすぐの海辺から撮影しました。

 ここら辺は遠浅の海が続き、引き潮の時は写真の様な小さな島や岩礁を肉眼で確認する事ができます。潮の満ち引きと天気などの条件が揃えば"ウユニ塩湖"の様な写真が撮れそうですね。

 

 

 パラオは6月から雨季に入ります。私が訪れた時は乾季と雨季の丁度境目にあたる5月の中頃。雲ひとつない青空!というシュチエーションには出会えませんでした。それでも日が差している時間はジリジリと肌を焼く様な強い日差しがあり、日焼け止めを塗らないと大変な事になりそうです。私は最初2日間日焼け止めを塗らずに過ごしていたので肌が真っ赤に焼け、大変つらい思いをしました。

 

 

 さて今回なぜパラオへの旅を選んだのかというと、第二次世界大戦の史跡、戦跡をこの目で見て、写真として残したい、という事で足を運んでみました。

 先ほど軽く説明しましたが、この国は戦時中日本軍の重要拠点であり激戦地でした。そしてこの島にはその当時の建造物や、戦闘機、戦車が撤去される事なく残されています。

 

f:id:nosuketan:20170530143452j:plain

戦車

 

 この戦車や戦時中日本統治時代に作られた建造物(トーチカ、砲台跡)は現在ではパラオの観光地となっています。上の写真の様にある程度インフラが整備されていたり、車でペリリュー島の戦跡を観光できるツアーなどが数多く組まれており割と簡単に観光する事ができます。

 

 

f:id:nosuketan:20170530143954j:plain

 中山短砲跡地

 

 ペリリュー島はとても小さく、1日かければ自転車で一周出来てしまうくらいの面積しかありません。なので私は数日間この島に滞在し、徒歩とレンタルサイクルでゆっくり観光しようと考えていました。しかし、アスファルトで綺麗に舗装されている道路が少なかったり、見たい史跡がジャングルのど真ん中にあり探し出すだけで時間を取られたり・・・。少しなめていました。実際に足を運んでみると本当に大変な道のりでした。そしてどうしても見つける事が出来なかった戦闘機がありそれだけが本当に心残りです。

 なぜネットに「地元のガイド同伴推奨」と口すっぱく書いてあるのかよくわかりました。

 

 もう一つ、先ほどの日焼けの話もあるのですが今回私は"徒歩"と"自転車"でこの島を回っていました。するとどうなるか。日差しで体を焼かれ、水分を奪われ、スコールで気力と体力を奪われ、体温を失い、犬に追いかけられ死にそうになり、まあろくな目に合いませんでした。

 

 

 ペリリュー島の市街地に「OKマート」という小さなお店があります。このお店はガソリンスタンド(OKガス)、ホテル(名前忘れた)も経営しています。私はここのレンタルサイクルの自転車を利用しました。1日$10。少し高いですがこの島の物は全て高いので仕方ないですね。そしてなんと、レンタカーもやってます。こちら24時間で$50(ガソリン別)。ツアーを組まずにペリリュー島を観光したい!と考えている方はこちらで車をレンタルする事をおすすめします。自転車は、本当に、辛い。ボロいから余計に疲れる。

 

 

 

f:id:nosuketan:20170530145903j:plain

旧日本軍司令所

 

 

 

 現像が全然終わってないのでとりあえず今日はここまで。今度はパラオでの生活などもっと細かく紹介できればしたいです。

 

 次はサイパンガダルカナルか。どこへ行こうか。

 

 

 

5月のパラオ

 

 

 こんにちは。現在私はパラオにいます。

 今日の14時の便でペリリュー島へ渡ります。

 

 

 パラオといえば綺麗な海と青い空の南国の島国です。しかし私がパラオについてから快晴の日はありませんでした。

 と言うのも、6月前後からパラォは雨期に入ります。四六時中雨が降っている訳ではないのですがこの時期に綺麗な空などの写真は難しそうです。

 

 

でも、悪い事だけではありません。乾季と比べると紫外線も弱く、比較的涼しい為日本人にとってとても過ごしやすい季節だと思います。海にも入れなくはない気温だと思います。

 なによりも、今回はペリリュー島でキャンプ泊を考えている私にとっては毎日炎天下の下活動しているよりも断然ありがたいです。

 

 この記事を書いている今まさにスコールが来ました。

 

  パラオはねっと回線があまり良くないので写真などを上げる事は出来ませんが、戻り次第なにか上げてみるつもりです。

 

 そういえば結構日本人が多くて安心しました。

撮影記 「猿島の史跡 」

 

 GWはどの様にお過ごしでしたでしょうか。今年は連日天気も良く、みなさん色々な場所に出かけられたのではないでしょうか。私は毎日家で寝て過ごしておりました。本当は沢山足を運んでみたい場所などもあったのですが毎日目を覚ますと夕方16時をすぎていたりして、とても外に出る様な感じではありませんでした。

 

 その様な毎日に危機感を持ち、このままではいけないと自分を鼓舞し、GW最終日になりやっと重い腰を上げ撮影に行って参りました。

 

 今回のロケ地は"猿島"です。

 

"猿島"とは

 神奈川県横須賀市にある無人島です。この島には旧日本軍の要塞跡が残されており、この要塞跡地に緑の蔦が絡まる風景は以前「ジブリ」の様だと以前話題になりました。

そういった史跡巡りの小旅行を楽しめるスポットでもあり、休日などは猿島でBBQを楽しむ事などもできるため連日多くの観光客で賑わっております。

 

 

f:id:nosuketan:20170509162131j:plain

猿島の史跡

 

 

 今回ここに足を運んだ事には理由があります。明日から行くパラオでは戦跡を中心に撮影をしたいと考えており、猿島での撮影はその予行練習のため伺いました。

 

 戦跡を追い撮影を続け、一つの作品として残せる事ができればと考えております。そのためのイメージや撮影方法も大まかに固まってきており、この撮影でさらにイメージを固めて行く事が出来ればと思い足を運んだ次第です。

 

f:id:nosuketan:20170509162804j:plain

砲台跡

 

 

 この撮影を終え撮影した写真を見かえしてみると正直まだまだ腕が足りないな、と痛感しました。もっと綺麗に幻想的な世界を表現できる様に精進したいです。

 

撮影記 「東京の桜」

 

 久しぶりに更新します。大変長い事このブログを放置しておりました。

 

 なんというか、ここ最近個人的な撮影を全く行っておりませんでした。仕事は"普通"程度の忙しさです。

 冬から春に移り変わる微妙な時期も過ぎ、東京の桜が満開になったとの知らせを確認し、先日久しぶりに撮影に出かけて参りました。場所は東京都心の桜スポット"千鳥ヶ淵"です。

 

f:id:nosuketan:20170413210415j:plain

 

 地名と桜の名所という事は以前から知ってはいたのですが今回初めて足を運びました。本当に綺麗な場所でした。

 堀を囲うように沢山の桜が立っており、どの桜の木もほぼ満開の状態。壮観でした。

 ただ残念な事が一つだけ。毎年桜の季節になると千鳥ヶ淵一体の桜がライトアップされているとの事だったのですが、私が行った時にはもうライトアップは終わっていてネットとかで見られるような幻想的な風景を撮影する事が出来ませんでした。事前情報を確認しない所は相変わらず変わっていません。折角会社から機材を幾つか拝借してきたのに残念です。反省します。

 

 ライトアップはしていなかったけれどとりあえず撮影続行。上の様な写真を撮影しました。

 この日は風が吹いていて普段であれば照明のない夜間の撮影などは絶望的なのですが、この日の桜の撮影に関して言えば風のおかげで面白い写真が撮れたな、と思う次第です。

 

f:id:nosuketan:20170413211537j:plain

千鳥ヶ淵の桜

 

 風に揺れる桜の枝を超秒間露光で撮影しました。風のおかげで枝が大きくブレてこのように躍動感のある写真になりました。この写真は二枚ともキャノンの70-200 2.8Ⅱの望遠側で撮影しております。絞りはほぼ解放。シャッター速度は5秒くらい?

 

 細い枝は風に揺れ、幹や太い枝はしっかりと止まっていてくれています。ライトアップが終了しているというトラブルに見舞われたものの運良く面白い写真が撮れたのでラッキーでした。

 

 今回の様な場合だけではないのですが写真を撮る時に諦めない事が大切だと考えています。撮影予定日に雨が降っていたりだとか、日が落ちてきたりだとか、写真で仕事をしていたり趣味にしていると自分のイメージしていたロケーションとかけ離れたシュチエーションは多々あると思います。そこで「今日はダメだな。」と諦めるのではなく少し考えて、少しトライしてみると想像していなかった、また違った形で良い物に出会えると思います。今回の出来事もそうですし私はそう言ったラッキーだとかもう少し粘ろうという物に何度も色々な風景を見せて貰っています。

 

 

 偉そうな事を言いました。面倒臭くて写真撮りに行かなかった人間の言う事ではありませんでした。私は天候が悪ければ5割がた家で寝てます。でも残りの2割はいい結果を残しています。残りの3割はダメでした。

 

 きっと写真が好きなフレンズなんだね

 

撮影記 「また房総半島」

 

 トライしてきました。"濃溝の滝"の撮影。結果から申し上げますと、前回よりはマシというレベルでした。辛うじて光芒が目視できる位のものでしたので、腹八分目という気分です。PLフィルタとレンズを家に置いてきたのは秘密。

 今日は日曜日ということもありカメラマンの方が大勢いらっしゃいました。既に良い場所は占拠されていて滑り込む事が出来ず。

 そして、やってくれました君津市。撮影ポイントの川辺に杭が打たれ、黄色と黒のシマシマロープが張り巡らされ撮影できる場所が以前にも増して極狭になっていました・・・。君津市側の考えも十分理解しているつもりですが、非常に残念です。あの様に取ってつけた様な、効力の無い物は無い方がマシです。

 

f:id:nosuketan:20170226185143j:plain

 

f:id:nosuketan:20170226185032j:plain

色を変えただけの二枚。

 

 最近私の使っている"Canon EOS 6D"が高感度撮影に強い、という話を聞きました。実際に6Dを使っている身としてそんな感覚微塵も無かったのですがいい機会なので軽く撮影してみました。

 

f:id:nosuketan:20170226185837j:plain撮影データ:ISO,6400 Tv,30 Av,確か8か5.6  ノイズ低減有り 色調整有り 解像度調整有り 合成有り

 

 JPGの画像でもわかる通りこのISO感度では使い物になりませんでした。RAWデータも同じでノイズが乗りまくりで厳しいです。A3プリントすら厳しい解像度です。ISO,12800は論外でした。

比較画像はありません。

 私が今まで使用してきた感じだとこのカメラ(6D)はISO,1600が限界だと感じています。動画なら6400まで引き上げても環境によっては行けそうな感じがしますが、撮れるならISO100~800の間で抑えておきたい所です。

 

 なんか色々な方のブログなどを拝見させて頂いたのですがどの方も6Dは高感度強いと言っているのですが、私の目はぶっ壊れているのでしょうか・・・。それともカメラがもうダメなのでしょうか・・・。

 

 まあ、良し悪しは使用目的、使用者によりそれぞれですのであまり気にしない事にします。

 

 眠くて支離滅裂。 

撮影記 「房総の冬」

 

 先日東京にも雪が降りました。スタジオから東京に降る雪を眺めていました。

 グレーの空から降り注ぐ雪が東京のビル風に煽られて物凄いスピードで流れて行く光景は見ていて飽きる事はありません。雪の積もった東京を撮影したいですね。スタッドレスタイヤが欲しくなりました。

 

 

 今回は千葉県房総半島の下の方に出かけてきました。

 本当は天の川とか取れればよかったのですが、ロケ地が思ったより明るい場所である事と満月の為今回天の川は断念。勝浦方面行かないと厳しいかもです。。。

 

f:id:nosuketan:20170212193035j:plain桟橋

 

 ロケ地の名前忘れました。すみません。

 海辺で撮影する時、私は長秒間露光が好きなのですがこの日は海からの風が凄まじくあまり長く稼ぐことができませんでした。本当は白波がもっとブワーっとなってくれたら嬉しかったのですが。。。

 

 この写真よく見て頂くと奥に富士山が写っています。撮影している時は全く気が付きませんでした。今週末は晴れていて空気が澄んでいた事もあり、遠くの景色までよく見渡す事が出来たみたいです。今日の夕日は雲が多かった為撮影していませんが、千葉県から富士山がクッキリと目視できました。

 

f:id:nosuketan:20170212193620j:plain

廃墟

 

 上の写真は野島崎灯台にある廃墟です。以前は灯台の施設として扱われていたようですが現在は動く事もなく、海に向かい佇んでいるだけです。

 実は前に訪れた時にこの建物の内部を軽く撮影した事があります。人が全く使っていない施設の為内装はボロボロでしたが、稼働していた時そのままの機械?がそのまま残っていました。廃墟とか撮影した事がないので結構楽しかったです。

 

 

 一応報告です。次の旅行の目的地、というか方針が決まりました。

 お金が続く限り東南アジアの戦跡などを中心に出かけてこようかと思います。ただ機材の盗難などが強いので北海道ツーリングの時の様にPCなど高価な機材は極力置いて行こうかと考えております。巡回ルートが確定しましたらまたご報告申し上げます。